野村義男について

野村義男について

幅広い音楽活動で知られる野村義男は、1979年にジャニーズに入社し芸能界デビューを果たしました。 ジャニーズ少年団、たのきんトリオを経て、1983年に『THE GOOD-BYE』を結成し、シングル「気まぐれONE WAY BOY」でデビューしました。 1990年の『THE GOOD-BYE』休止後『三喜屋野村モーター’S BAND』『三野姫』『Funk Rocket』『RIDER CHIPS』などを結成、さまざまなスタイルを世に生み出してきました。 1992年ソロデビュー、1995年に『PEGレーベル』を設立。その他、浜崎あゆみ、宇都宮隆「U_WAVE」、ダイアモンド☆ユカイなど多くのアーティストと共作し、知名度を高めてきました。今後の活動の行方に注目が集まっているミュージシャンの1人です。 もっと »

山崎まさよしについて

山崎まさよしについて

山崎まさよしは、アコースティックギターによる演奏が特徴のギタリストです。 ライブではアコースティックギター、またはピアノの弾き語りを主に行い、レコーディングでは全ての楽器をこなすマルチプレイヤーとして知られます。 最初はドラムから音楽活動を始めましたが、ライトニン・ホプキンスのテープに影響され、ギターの弾き語りを始めたといいます。 メジャーデビューは1995年の『月明かりに照らされて』。2年後に主演映画『月とキャベツ』の主題歌『One more time, One more chance』でブレイクしました。 有名企業のCMとのタイアップ楽曲も多く、三菱自動車工業CMの『どこまでも行こう』、キリンラガービール『Stand by me』などが有名。また、テレビドラマ、映画やゲームの主題歌も多く手掛けています。 もっと »

松本孝弘について

松本孝弘について

松本孝弘は、作曲、アレンジ、音楽プロデューサーも務めるギタリストで、ユニット『B’z』のリーダーも務めています。 高校卒業後、プロとしての活動を開始。最初はさまざまなアーティストのスタジオ・ミュージシャンとして音楽キャリアをスタートさせました。 1988年に稲葉浩志とのユニット『B’z』でバンドデビューし、現在までギター・作曲・プロデュースを担当し、人気バンドとして不動の地位を確立させました。 またソロでの活躍も目覚ましく、2004年にギタリスト中心のレーベル『House Of Strings』を設立、常に斬新な作品を発表し続けてきました。 2011年リリースの『TAKE YOUR PICK』(アルバム)では、グラミー賞の『最優秀ポップインストルメンタルアルバム』を受賞するなど、世界的に高い評価を得ています。 もっと »

 

Charについて

日本を代表するギタリストの1人であるシンガーソングライターのChar(チャー)は、1955年生まれ。

8歳でギターを手にし、11歳にはすでに音楽活動を行っていました。

幼少期、青年期はジミー・ヘンドリックス、ザ・ベンチャーズ、エリック・クラプトンなどから影響を受けたといいます。

1976年に『NAVY BLUE』でソロデビューし、同年9月にアルバム『Char』をリリースしました。この中には代表曲である『Smoky』も収録されています。

1988年からの10年間、インディーズレコードレーベル『江戸屋Record』を運営し、2010年に再度ネット販売専門レーベル『Zicca』を設立しました。

ミュージシャンとしてだけではなく、俳優、テレビCM、ラジオ出演など、幅広い活躍を長年続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *